事務所閉鎖ならびに移転のお知らせ 来店のご予約 お探しの条件もご入力いただければ、来店時のご案内がスムーズです!
法人のお客様へ 神田外語生のみなさんへ

不動産用語辞典

木造軸組工法

在来工法とも呼ばる日本古来の伝統的な木組みを活かした木造軸組工法。
コンクリートの基礎に固定した土台の上に柱を垂直に立て、梁を水平に渡し、屋根を組むものです。 垂直方向の力には柱が、水平方向の力には梁が抵抗するのが基本の原理ですが、現在は『筋かい』と呼ばれる斜め材を必要な箇所に加えるほか、補強金物で緊結して地震や風の力にも十分耐えられるようにつくられています。
そのため、複雑な出隅や入り隅、大きな開口部がとれるなど平面プランニングの自由度が高く、また増改築もしやすいのが特長です。


▲ページ上部へ戻る