事務所閉鎖ならびに移転のお知らせ 来店のご予約 お探しの条件もご入力いただければ、来店時のご案内がスムーズです!
法人のお客様へ 神田外語生のみなさんへ

不動産用語辞典

軽量鉄骨

軽量鉄骨とは、薄くて軽い鉄骨で建物の骨組をつくり、パネルを取り付けて屋根や壁、床とする工法のことです。
軽量鉄骨とは、厚さ6ミリ未満の鋼板を加工した鉄骨をいいます。防錆処理を施した軽量鉄骨を柱・梁・筋交い、または壁パネルのフレームとして使用します。
軽量鉄骨は熱に弱いため、外壁や屋根には熱に強いセラミックやALCと呼ばれる軽量気泡コンクリートパネルなどが使われます。工場で生産されたパネルを現場で組み立てるため、精度の高さと工期の短さが特徴です。


▲ページ上部へ戻る