事務所閉鎖ならびに移転のお知らせ 来店のご予約 お探しの条件もご入力いただければ、来店時のご案内がスムーズです!
法人のお客様へ 神田外語生のみなさんへ

不動産用語辞典

売買契約

土地・建物の取引のうちもっとも重要で頻繁に行われるのは、売買契約です。
売買契約は、売主がある財産権を買主に移転することを約し、買主がこれに対してその代金を支払うことを約する契約のことです。この契約は、当事者の合意すなわち意思表示の合致だけで成立します。
このような契約を諾成契約といいます。

合意によって、売主は売買の目的物である土地・建物を買主に引き渡し、その登記を移転する義務を負います。これに対して、買主は売主に代金を支払う義務を負うことになります。
売主が負う義務の経済的な価値は買主が負う義務の経済的価値と同一と考えられるので、売主と買主はそれぞれが負う義務の内容こそ違っても、当事者として完全に対等な地位に立ちます。


▲ページ上部へ戻る